• 学科紹介
  • 探究科学科

学科紹介

探究科学 Research course

探究科学には、あなたの夢を
叶える”風”が吹いている。

「探究」とは真理・真実を追究するという意味です。
本学科は、みじかな家族や学校、地域社会の様々な課題や矛盾を
しっかりと見つめ、その背景や我が国、及び世界との関わりを探究
していくことで、自分の進むべき道や役割に気づき、それぞれの
ハイレベルな、夢や進路実現(文系・理系)に向けて、意欲的に学習
しようとする学科です。

課題研究「探究」とは? Research

本学科の「探究」とは、身近な所から地域社会、国内、そして国外へと視野を広げ、課題を見つけ、思考し、調査・実験・分析を繰り返しながら、結論を導き出す時間です。
1年生では「探究I」として、多様な活動を通して探究活動の基礎を学び、2年生では「探究II」として個人で課題研究に取り組みます。

クラス構成 Class Constitution

クラス構成 Class Constitution

コースの特徴 Check Point

コースの特徴 Check Point

コースの特徴 Check Point

進路実績

国公立大学 北海道大学(工)/茨城大学(理)/宇都宮大学(地域デザイン科学)/群馬大学(社会情報)/千葉大学(教育)/東京学芸大学(教育)/お茶の水女子大学(文教育)/山梨大学(工)/大阪大学(外国語)/滋賀大学(経済)/奈良女子大学(生活環境)/岡山大学(文)/広島大学(医、歯、文、理、経済)/山口大学(文、経済、理)/徳島大学(医)/愛媛大学(法文、社会共創)/高知大学(人文社会科、農林海洋)/福岡教育大学(教育)/九州大学(文、理、工)/九州工業大学(工、情報工)/佐賀大学(理工)/長崎大学(環境科学、工、水産)/熊本大学(教育、理、文)/大分大学(経済、理工)/宮崎大学(医看護、教育、工、農、地域資源創成)/鹿児島大学(教育、法文、理、医、工)/鹿屋体育大学(体育)/琉球大学(工)/公立千歳科学大学(理工)/京都府立大学(生命環境)/大阪市立大学(生活科)/神戸市看護大学(看護)/尾道市立大学(経済情報)/山口県立大学(国際文化)/高知工科大学(環境理工)/北九州市立大学(文、経済)/福岡女子大学(国際文理)/長崎県立大学(地域創造)/大分県立看護科学大学(看護)/宮崎公立大学(人文)/宮崎県立看護大学(看護)/名桜大学(国際学群)/防衛医科大学校(医看護)/防衛大学校(理工)/国立看護大学校(看護)/水産大学校(海洋生産) など
私立大学 早稲田大学(スポーツ科)/東京理科大学(理)/立教大学(経営)/東海大学(海洋)/立命館大学(スポーツ健康、政策科学、生命科学)/法政大学(社会)/関西大学(経済)/帝京大学(福岡医療)/同志社大学(スポーツ)/京都女子大学(家政)/近畿大学(理、産業理工)/福岡大学(医、人文、薬、経済、工)/西南学院大学(経済、国際文化、人間科、人文)/国際医療福祉大学(福岡看護)/崇城大学(生物生命、薬、情報)/九州女子大学(家政)/九州保健福祉大学(薬、生命医科) など

在学生からのメッセージ Message

岩﨑龍太郎(1年)(野球部)(高鍋東中出身)

 私は大学進学と部活動両方に力を入れることができ、学科独自の学習や活動が充実しているという魅力に惹かれて、探究科学科を志望しました。
 探究科学科では、日々の教科の学習に加えて、フィールドワーク、サマーキャンプ、ウインターキャンプなど、年間を通して様々な活動を体験することができます。失敗を恐れず積極的に挑戦することで、知識を豊かにし、物事を論理的に考え表現する力、多面的な視点から考える力を身につけ、自分の可能性を広げていきたいです。

林 壱之助(2年)(野球部)(木城中出身)

 昨年は新型コロナウィルスの影響で、様々な活動が中止になりました。しかし、オンライン授業を中心に、普段とは違う経験ができました。例えば、毎年English Camp で2泊3日滞在する九産大の先生方とはzoomを使って繋がりました。大学の先生による英語やコミュニケーションの授業、そして最終日には、夏のフィールドワーク(街づくり学習)のまとめを英語でプレゼンテーションしました。すべて英語での活動だったので緊張しましたが、とても充実していました。いよいよ2年生では本格的な課題研究が始まります。1年生の頃の活動を振り返りながら、より有意義な活動にしていきたいと思います。そして、進路実現にむけて真摯に努力をしていきます。

尾﨑 優香(3年)(吹奏楽部)(高鍋西中出身)

 探究科学科には、ロジカルコミュニケーションという独自の科目があります。この科目ではディベートやICTを利用した遠隔授業などが行われます。私はそのような活動を通して、英語、日本語に関わらず、人前で発言することに自信がつきました。また、他校の生徒や学校外の方々との交流の機会が多いことも探究科学科の魅力の一つです。三年生になった今年度は、これまでに探究科学科で学んできた「伝える力」で自分の進路を実現させたいです。

卒業生からのメッセージ Message

高見 大地(硬式テニス部)(高鍋西中出身)    

   

進路先大阪大学外国語学部

 私はこの高鍋高校でかけがえのない友人や先生方に出会い、自分自身を成長させることができました。鍋高の伝統ある行事で友人たちとの絆を築き、部活動で精神を鍛え、校外活動を通して人間力を磨くことができました。鍋高の先生方には本当にお世話になりました。受験を目前に控え、毎日のように調子はどうかと気にかけてくださった担任の先生、現実をそのまま話してやる気を引き出してくださった教科担任の先生、悩みを聞いてくださり、めちゃくちゃな状態から継続して過去問の添削指導をしてくださった先生、ここでは語り尽くせません。他の高校にはない温かい雰囲気と、のびのびと成長できるところが高鍋高校の魅力だと思います。鍋高での経験があったからこそ大学でも頑張ることができています。コロナに負けず、失敗や逆境を恐れずに努力してください!

PAGE TOP