学校概要

校長挨拶 Message

高鍋高校 わが母校


 高鍋高校は、安政7年(1778年)に創立された藩校「明倫堂」の建学の精神を受け継ぎ、今年度で97年目をむかえる歴史と伝統のある学校です。
 学校の役割は 「学校は、生徒がよい習慣をつける場である」 と考えています。よい習慣とは、「学習習慣」や「生活習慣」と「進路習慣」です。
「学習習慣」とは、毎日の授業を大切にしていく
「生活習慣」とは、生活のリズムをそろえていく
「進路習慣」とは、自分自身の将来をデザインしていく
そのためにも、教職員あげて、全力で育てて参ります。そして、

ニッコリ笑って、「先生!大変だけど楽しいっちゃが!」


と言える高校生活を送ってもらいたい。「大変」という言葉は、後ろ向きに聞こえますが、実はそうではなくて、「大変」とは、 「大きく変われるチャンス」 をもらったと考えて欲しいのです。むしろ、 「チャンスが来たあー」 と考えて、一歩前に踏み出してもらいたい。そんな人間力のある生徒を是非とも育てていきます。
 今年度は、
○個に応じたクラス編成で多様な進路目標をサポートする普通科
○「探究心の育成」で質の高い学びを実現する探求科学科
○伝統・新生・深化、ここでしかできない学びを求める生活文化科
の3つの科になりました。さらに、普通科の中に、キャリア情報クラスを新設し、探求科学コースから探求科学科となり、これまでの流れを継承しながら、新たな一歩を踏み出しています。生徒諸君の多岐にわたる進路を実現するための環境が整っています。

そして「この学校で良かった」「高鍋高校 わが母校」と言えるように、日々の教え・育む活動を続けて、宮崎、日本、世界を担う人材を育てていきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

宮崎県立高鍋高校 校長 土肥隆夫

資料請求・お問い合わせ
PAGE TOP