• お知らせ・新着情報
  • 芸術鑑賞教室

お知らせ・新着情報

芸術鑑賞教室

2017.10.19

本日の午後、体育館で実施されたのは、古典芸能鑑賞会。

DSC_0279

「大蔵流狂言 山本会」の皆様をお招きして、しばし、

ハイレベルの古典芸能の世界に、どっぷりと・・・

DSC_0397

演目は「柿山伏(かきやまぶし)と附子(ぶす)」

DSC_0285

会場となった本校体育館には、高鍋東中学校・高鍋西中学校の皆さん・・・

そして、地域の方々も鑑賞に来られ・・・

1100人を超える鑑賞会になりました。

DSC_0369 DSC_0327

実はこの鑑賞会・・・

県教育委員会主催の

「県立学校を拠点とした芸術文化体験プログラム事業」

なのです。

さて、『狂言』・・・について

演目の合間に、山本則俊様から説明がありました。

「『狂言』は、『能』と共に650年続く日本が誇る伝統芸能です。・・・『能』は悲劇を扱いますが、『狂言』は、喜劇。・・・『狂言』の魅力とは、人間のおろかしい姿を笑いにくるんで表現するところ・・・そして、台詞(せりふ)と仕草(しぐさ)の対話劇であるところ・・・」

DSC_0374

「みなさん!悪いと思いながら、つい、嘘をついてしまったり、人をからかってみたり、することはないですか。・・・『狂言』は、そのような人間のおろかしさを笑いにくるんで表現します。そして、そのことが、人を傷つけるような事件の一歩手前で線を引く役割を果たしてきたともいえるのです。」

(なるほど)

人間の心の奥深いところにあるものを扱ってきたからこそ・・・伝統芸能なのですね。

 

最後には、体験コーナーもあり、みんなで楽しみました。

DSC_0410

「腰に手をあてて・・・」

 

DSC_0423

「早歩きをやってみせますね。」

DSC_0455

「泣く仕草は・・・」

「そうそう・・・上手いですね。では、全員でやってみましょうか・・・」

DSC_0453

「あれっ!泣く仕草なのに・・・皆さん、笑ってますよ!!」

それにしても、生徒諸君の生き生きとした表情の数々・・・

DSC_0398 DSC_0395DSC_0405 DSC_0438 DSC_0440 DSC_0443DSC_0445 DSC_0467DSC_0472

一流の芸術に触れることができた喜びにあふれていますね。

 

資料請求・お問い合わせ
PAGE TOP