• お知らせ・新着情報
  • 6月17日(土)「高鍋わくわく講座」を実施しました。

お知らせ・新着情報

6月17日(土)「高鍋わくわく講座」を実施しました。

2017.6.22

1年生全員を対象に、職業講座「高鍋わくわく講座」を実施いたしました。PTAの皆様のご協力・ご紹介によって成り立っている毎年恒例の行事です。社会人の方々を高校にお招きして、ご自分の職業について語っていただきました。

今年度も「銀行員」「IT企業取締役」「自衛隊員」「管理栄養士」「公務員」「農業試験場研究員」「小学校教諭」「看護大学教授」「理学療法士」「消防士」「保育士」「新聞記者」の方々にお越しいただきました。

それぞれの講師の方々が、仕事の苦労、やりがい、社会的使命感など、心に響く話をしてくださいました。生徒たちが将来の進路を決める上で、また、人生観を深める上で大いに刺激になりました。

講師の皆様、PTAの皆様、ご協力ありがとうございました。

DSC08203 DSC08197

IMG_4124 IMG_4140 IMG_4150 IMG_4143DSC08210DSC08253DSC08257DSC08231DSC08237IMG_4172 IMG_4133

生徒の感想文より一部を抜粋しました。

「時間は有限だということ、今のうちからライフデザインを描くことを意識していきたい」

「自衛官の仕事が医者、気象、犬の訓練、消防員、楽器の演奏、物資の補給など、たくさんあることに驚きました」

「失敗を恐れることなくチャレンジしながら生きていこうと思いました」

「理学療法士の仕事は身体のケアだけでなく、精神的なケアも大切なのだと思いました」

「先生は人に夢を与える仕事。生徒のことを一番に考える先生になりたい。」

「管理栄養士は教育現場だけでなく、役場や看護の現場、スポーツジムなどたくさんの活躍の場があるんだ」

「保育士だから感じられる子どもからの癒やしが、やりがいになる。こどもたちの目線に立つことが大切だと思いました」

「宮崎は害虫防除では世界トップクラスであることを知り、生物の研究に興味がわきました」

「一つの記事で人の人生が変わることもあり、それだけの責任を背負って仕事をしているんだと思いました」

「地方公務員は地域に根ざした仕事で、身近なところで地域に貢献できる」

「看護に求められるやさしさとは、知識や技術だけでなく、自分が患者さんの立場になって考えることだとわかりました」

「災害救助に行き人を助けたいという気持ちが、とてもかっこいいと思いました」

1年生にとって、貴重な経験となりました。ありがとうございました。

 

資料請求・お問い合わせ
PAGE TOP